メインコンテンツに移動

エアテックの沿革

historyエアテックの始まりは1973年カリフォルニア州サンベルナルディーノにビル・ダレン氏によりエアテックインターナショナル社が設立された時です。当時の主な目標は、真空バッグと複合材を供給し、航空宇宙業のためにグラスファイバーとグラファイト部品を製造することでした。初めはたった4人の従業員と借りた5000平方フィート(465m²)の建物しかなかったですが、ダレン氏は、航空機の接着・複合材部品を製造するために必要なものすべてを取り扱う「ワンストップショップ」、つまり総合サービスを提供する会社を創り上げようと決心しました。間もなくエアテックはカリフォルニア州トーランスの小さな建物に拠点を移し、1977年には北米、西ヨーロッパ、そして日本にまで販売地域を持ち、従業員10人の会社にまで成長しました。この期間に、ダレン氏はこの業界で張り合えるユニークなフィルムを製造する決意をしました。1979年、エアテックはカーソンに2棟の建物を有し、その面積は35,000平方フィート(3,300m²)で、社員も45人に増えました。時と共にエアテックは拡大を続け、1998年8月に140,000平方フィート(13,000m²)の新たな建物を建て、現在のカリフォルニア州ハンティントンビーチへ拠点を移したのです。

先端複合材の発展に伴ってエアテックも発展を遂げました。当社は複合材の供給者になるため巨額を投資して設備を購入し、航空宇宙以外の業種にも進出しました。当社の新しい市場は、風力発電のための大型ブレード用複合加工材料及び船舶、自動車、レーサ、太陽光エネルギー、車体および装甲車両などがあります。

エアテックは異なる分野の業種に拡大しただけでなく、「ワンストップショップ」という目標にも達成しました。真空バッグ、ウェットレイアップ、樹脂注入など様々な工程で使用する材料を提供するようになりました。製品の種類は以下の通りです:超高温に強く、幅の広い真空バギングフィルム、リリースフィルム、リリースファブリック、ピールプライ、ブリーザーとブリーダー、リリーシングフルード、感圧テープ、真空バッグシーラントテープ、真空バッグコネクタ、ホース、ラバー、ツール材および炭素/ガラス強化材。

エアテックは急速な発展を遂げ、国際的の発展のためにヨーロッパに第一支社を設立することを決めました。1991年エアテックヨーロッパはルクセンブルク、ディフェルダンジュに支社を設立しました。初めは35,000平方フィート(3,300m²)の建物とたった6人の社員しかいなかったのですが、業務が多くなることによってエアテックはルクセンブルクのディフェルダンジュだけでなく、英国ロッチデール(1996)、中国天津(2007)、カリフォルニア州チノ(2009)、テネシー州スプリングフィールド(2014)に支社を設立しました。会社本部はカリフォルニア州、ハンティントンビーチ(1998)に位置しています。

Airtech’s new “Tooling of Tomorrow” initiative has committed to leverage its almost 50 years of polymer extrusion and manufacturing expertise to address the needs of the large-scale thermoplastic composite 3D printed tooling industry. Additional facilities, equipment, and staff with over 15 years of large scale additive experience have been added to the global team to support this effort.

現在、エアテックは世界中に800人以上の社員を有しており、世界ナンバーワンの真空バッグ及び複合金型材の会社に成長しました。エアテックはさまざまな製造法を用いるとともに、生産技術開発を続けおり、さらに成長していく市場のために設備拡張を続けています。エアテックの功績は主にビル・ダレンによるものであり、高齢でなお会社の様々な業務で活躍しており、世界中の重要な顧客を訪ねております。彼の知識、管理能力そして熱意はエアテック、引いては全世界の同じ業界を激励しています。

沿革 タイムライン

2020's

2021

2021

Airtech Europe Facility expands in Luxembourg with the addition of 121.000 ft2 (11.250 m2) warehouse space with 12 docks, reaching now a total of 323.000 ft2 (30.000 m2).

20211

2021

Airtech Custom Engineered Products Facility expands to accommodate the first “Center of Innovation” for Tooling of Tomorrow (ToT) in Springfield, Tennessee 235,000 ft2 (21,800m2)

2020

2020

Dahlpram® proprietary formula purging resins are for additive manufacturing FDM Extruders. Dahlpram® resins protect extrusion equipment for reducing carbon build up and prevent material cross contamination during material change overs.​

2010's

2020-1

2019

Dahltram® tooling resins for additive manufacturing are developed and manufactured by Airtech to meet the full range of tooling requirements for composite manufacturing industries.

2019

2019

Airtech introduces Print-Tech® additive manufactured tooling for composites. Large-scale tooling in the form of trim fixtures, holding fixtures, and layup molds can be designed, tooled, and built faster without compromising on quality.

2018

2018

Airtech Custom Engineered Products Facility expands in Springfield, Tennessee with the addition of 50.000ft2 (4.700 m2) warehouse space to accommodate new technology in the form of Large Scale 3D Printing, reaching a total of 170,000 ft2 (15,800 m2).​

2017

2017

Airtech Asia moved to a new facility Tianjin, China

2014

2014

Airtech opens its Custom Engineered Products Facility in Springfield, Tennessee
120,000 ft2 (11,000 m2)

2013

2013

Airtech UK moved to a larger facility
Chadderton, England
145,000 ft2 (13,500 m2)

2000's

2009

2009

Airtech Europe expanded its facility
193,000 ft2 (18,000 m2)

2008

2008

Airtech International (Distribution Center)
Chino, CA
140,000 ft2 (13,000 m2)

2007

2007

Airtech Asia
Tianjin, China
300,000 ft2 (30,000 m2)

1990's

1999

1999

Airtech UK
Moved to Rochdale, England
35,000 ft2 (3,300 m2)

1998

1998

Airtech International
moved to Huntington Beach, CA
140,000 ft2 (13,000 m2)

1996

1996

Airtech UK
Greenvale, Littleborough, England
10,000 ft2 (1,000 m2)

1991

1991

Airtech Europe
Differdange, Luxembourg
35,000 ft2 (3,300 m2)

1970's

1979

1979

Airtech International
Carson, CA
35,000 ft2 (3,300 m2)

1974

1974

Airtech International
Torrance, CA

1973

1973

Airtech International (1st Building)
San Bernardino, CA
5,000 ft2 (465 m2)

About

エアテック・アジア(Airtech Asia Ltd.)は世界最大のプリプレグ/オートクレーブ、樹脂注入、ウェットレイアッププロセス用の真空バッグと複合金型の製造商エアテック・アドバンス・マテリアルグループ(Airtech Advanced Materials Group)の支社であり、最高製造温度は799 °F(426 °C)に達します。

Featured Posts

Contact info