メインコンテンツに移動

プリプレグ/オートクレーブ

予備含浸させた生地とフィルムインフュージョン生地の成形は、通常オーブンの中で真空バッグの下で高温や真空圧密する必要があります。

なぜ真空バギングを使用するのでしょうか ?真空バッグは複雑な形でも圧力を均一に加えることができます。1平方インチ当たり14.7ポンドの大気圧(1平方フィート当たり2000ポンド)を加えることができます。加圧されたオートクレーブ容器内では圧力をさらに高めることができます。このような予測可能で一貫した圧力はラミネート及びサンドイッチパネル構造を統合しています。

エアテックはオートクレーブとオーブン内で使用できる真空バッグと硬化設備を提供します。主に以下の製品が含まれています。

  • バギングフィルム
  • 真空バッグシーラントテープ
  • リリースフィルムとブリードアウトフィルム、
  • リリースファブリックとピールプライ
  • ブリーザーと吸収生地、
  • 感圧テープ
  • 真空継手とアクセサリ
  • 離型剤、
  • ラバ-
  • 金型
  • 樹脂注入
  • その他

当社では品質が保証され、性能に合致した材料を提供することによって、プロセスの信頼性とコスト有効度を保証します。

 

ダウンロードするセレクターガイドを選択してください。:

About

エアテック・アジア(Airtech Asia Ltd.)は世界最大のプリプレグ/オートクレーブ、樹脂注入、ウェットレイアッププロセス用の真空バッグと複合金型の製造商エアテック・アドバンス・マテリアルグループ(Airtech Advanced Materials Group)の支社であり、最高製造温度は799 °F(426 °C)に達します。

Featured Posts

Contact info